35歳転職者が行う5つのステップ

35歳転職者が行う5つのステップ

 転職をする人は、大抵が「今よりも良くなる」と思いながら活動に取り組むはず。そうとは限らない人も多いという現状を知らずに…。

 

 これから挙げる事を頭に入れているだけでも、今よりは悪くならない可能性が出てきます。転職の大失敗を避けたい人はチェックしておきましょう。

 

 

多少の失敗や躓きも想定内に入れておく

 「大失敗はしないだろう」、そう考えるのは、転職市場でも価値の高いとされる30代半ばの人たち。でも、その慢心が失敗を招くことは言うまでもありません。

 

 転職の準備においては、多少の失敗や躓きも想定内に入れておくことが大事。それだけでも活動の足取りが変わってくるでしょう。

 

【参考記事】

 

 

 

正しい求人情報の集め方

 大失敗の最大の原因になると言われているのが、間違った求人情報の集め方。確かに、転職先の情報を集め応募するわけですから、ここが転職の肝になることは疑う余地がありません。

 

 「良い!」と思った情報でも、必ず「待てよ…」とワンクッション置いて再考すること。これだけで失敗を大幅に減らせるでしょう。

 

【参考記事】

 

 

 

第一関門の書類選考を突破する

 例え良い求人や企業に出会えたとしても、そこに採用してもらわないことには転職は成功しません。採用してもらうための第一関門が履歴書、及び職務経歴書です。

 

 特に自分の言葉で書き記すべき項目では、根拠のない断定表現や誤字脱字には気をつけなければなりません。内容と人柄、教養や人生観、その全てを見られていると思うべきです。

 

【参考記事】

 

 

 

面接対策は常日頃から取り組む

 今の35歳は、間違った日本語が丁度溢れ出す社会で生きてきたと言ってもいいでしょう。

 

 あなたが日頃使っている日本語、本当に正しいものですか?良いことを言っているのに、間違った日本語が耳につき、少し教養に問題がありそうだ。そんな風に思われたら終わり。面接対策は常日頃から取り組むべきものなのです。

 

【参考記事】

 

 

 

35歳の退職は難関

 35歳だと退職もなかなかの難関となるはず。それと同時に入社準備もしなければなりません。忙しさで言えばここが一番であり、まさに正念場。

 

 それを乗り越えるのはあなた自身ですが、エージェントなどの力を借りつつ行うことで、多少楽にこなせるかもしれません。それも検討しつつ退職・入社準備を行いましょう。

 

 

【参考記事】


ホーム RSS購読 サイトマップ