35歳の面接対策

35歳の面接対策

面接前日にしておくべきこと

 

 面接前日に必ずしておくべきことが、三つあります。まず、自分が出した応募書類を見直し、志望動機や自己PRの内容を再確認することです。次に、応募企業のホームページを見て、企業理念や事業ビジョン、経営者の言葉を読んでおくことです。

 

 この二つをしっかり行っておかないと、自己アピールにつながる逆質問を用意することができません。採用面接は、質問されたことに答えて終わりではなく、逆質問を通して、入社の意欲や企業研究の深度を確認されます。少しでも好印象を残せるように、しっかり準備しましょう。

 

清潔感と時間厳守

 

 35歳の面接の場合、そのためにわざわざ、スーツを新調することはありません。ですが、クリーニング仕立てのものを着用したり、それがダメならアイロンをしっかりあてたものを着て、面接に臨みたいところです。

 

 人間は見た目でひとを判断しますから、髪型や服装に清潔感があふれていたり、決められた時間をきちんと守るといった、社会人としての常識があるだけで、応募者を好意的に受け入れてくれます。疲れた表情や服装、事前の下調べが足りない面接は論外なので、誠意をもって面接に臨むことを基本としてください。

 

 

【関連記事】


ホーム RSS購読 サイトマップ