志望動機で何を話すか

志望動機で何を話すか

履歴書と同じでは意味がない

 

 転職の面接では、必ず志望動機を聞かれます。面接官は、履歴書と職務経歴書を手元に置いていますので、そこに書かれたことと同じことを話すのは、愚の骨頂です。

 

 面接で志望動機を話すときには、履歴書に書ききれなかった具体的なエピソードや、自分のこれまでの経験を活かして、入社後にどのように企業貢献したいのかを、プレゼンテーションするのが基本です。

 

 何より、どうして他の企業ではなく、応募企業に入社したいかも、熱意をもって語れるように準備しておきましょう。

 

企業ニーズに応えられる根拠も語る

 

 35歳ともなると、意欲と将来性で採用されることはありえません。即戦力として成果をあげられるスキルと、将来の管理職候補として、別な側面から企業貢献できるという部分も、アピールすべきです。

 

 そのためには、自分の希望だけでなく、応募企業が中途採用者に求めるニーズを把握し、それに対して、自分がどう貢献できるのかを、根拠とともに話せることが大切になります。

 

 志望動機を話すときにも、「自分の●●という経験やノウハウが、御社に役立つと考えました」という、具体的なエピソードが添えられると、より説得力を増します。
 しっかり考えておきましょう。

 

 

【関連記事】


ホーム RSS購読 サイトマップ