35歳の職務経歴書の書き方

35歳の職務経歴書の書き方

職務経歴書の役割

 

 応募書類の中で職務経歴書が果たす役割は、応募者がこれまでどんな仕事をし、どんなスキルを身に付け、どんな成果をあげてきたのかを明確にすることです。

 

 そのため、勤務した会社名とその規模、在職年数、所属部署と配属期間、仕事内容、そこで出した実績、そこで得たスキルなどを、記載する必要があります。

 

 技術職やクリエイティブ職の場合、仕事をする際の設備の使用環境や、使えるソフトを明記するのも、それを見れば仕事のスキルをはかることができるからです。

 

 また、35歳であれば、社内でプロジェクトリーダーを行った経験があるひとも多いでしょう。そうした組織運営やマネジメントスキルにつながる経験も、必ず職務経歴書に書くようにしましょう。

 

35歳の職務経歴書の書き方

 

 職務経歴書には書き方のフォーマットがあり、それに則って書くのが基本です。新卒から長く同じ会社に勤め、順当にキャリアを積んできたなら、その順番通りに記載する「年代方式」がおすすめです。

 

 同じ業界や職種でキャリアを積んできたけれど、いまの仕事内容に着目してほしいという場合は、現在から新卒までを遡って書く、「逆年代方式」を選ぶとよいでしょう。技術職やクリエイティブ職など、プロジェクトの内容が重視されたり、転職回数が多い場合は、「キャリア方式」の方がアピールしやすいです。

 

 

【関連記事】


ホーム RSS購読 サイトマップ