35歳の履歴書の書き方

35歳の履歴書の書き方

履歴書の役割

 

 応募書類の中で履歴書が果たす役割は、応募者個人の経歴を伝えることです。受け取った企業の採用担当者は、書類選考をするにあたって、募集している職種とマッチする学歴や職歴があるか、必要な資格やスキルを持っているか、志望動機に説得力があるかどうかを、履歴書で確認します。

 

 また、履歴書は定型で書くべき文書の一つですので、書き方で応募者個人のビジネススキルをはかることもできます。誤字脱字がないか、和暦と西暦が混合していないか、入退社の年月に不整合がないかなどの基本だけでなく、手書きなら丁寧に書かれているかどうか、パソコン使用の場合は必要事項が記載されているかを、チェックされています。

 

35歳の履歴書の書き方

 

 35歳が応募できる求人には、下は20代から上は50代まで、幅広い年齢層の応募者がいることが予想されます。

 

 その中から面接に進むためには、自分が持つキャリアとスキルが応募職種とどうマッチしているのか、なぜ応募企業を志望したのか、入社後はどんな貢献ができると考えているのかを、志望動機でアピールする必要があります。自分の希望だけでなく、企業のニーズの答えられる部分を強調した、志望動機を書くようにしましょう。

 

 

【関連記事】


ホーム RSS購読 サイトマップ