転職サイトはスカウト機能も大事

転職サイトはスカウト機能も大事

転職サイトはスカウト機能をフル活用する

 

 35歳まで順当にキャリアを積み、専門スキルを持っているなら、転職サイトに登録するときには、スカウト機能を併用することをおすすめします。転職サイトのスカウト機能とは、求人広告を出している企業の採用担当者が、サイト内に公開されている登録者のレジュメを閲覧し、興味を持った相手に対して、直接アプローチができるというサービスです。

 

 自分が見つけた求人に応募するより、企業からオファーが届いた求人に応募する方が、面接まで進む確率が高くなります。オファーには、会社説明会の告知などを行うオープンなもの、レジュメに興味を持った企業があることを伝えるもの、応募を促すものなど、何段階かにわかれています。オファーの数が、自分の市場価値を知る目安にもなるので、フル活用すべきでしょう。

 

オファーの数を増やすためには

 

 同じ業界や職種で働く35歳の間でも、オファーの数には優劣が出ます。それは、レジュメがわかりやすくまとまっているか否かの差です。

 

 スカウトするにあたって、企業の採用担当者は、登録者がこれまでどんな会社に勤め、どんな仕事を行い、どんなスキルを持ち、どんな成果を上げてきたかを重視するので、わかりやすくまとめておきましょう。

 

 

【関連記事】


ホーム RSS購読 サイトマップ