在職中と退職後、転職にはどちらが有利?

在職中と退職後、転職にはどちらが有利?

35歳が在職中に転職活動を行うこと

 

 35歳でキャリアアップにつながる転職を実現したいなら、納得のいく企業が見つかるまで、腰を据えて転職活動をすべきです。そう考えると、在職中で経済的基盤を持って、転職活動をするのがおすすめです。

 

 履歴書や職務経歴書にブランク欄ができることもありませんし、自分のスキルを磨きながら、転職活動に励むことができます。一方で、企業研究や応募書類の作成にかけられる時間が限られること、面接日時や入社日に制限がかかることで、内定を遠のかせる要因になるというデメリットもあります。

 

35歳が退職後に転職活動を行うこと

 

 35歳で貯蓄があったり、退職金がもらえたり、失業給付金の受取期間や額がそれなりにある場合は、退職後に十分に時間をかけて、転職活動を行うという選択肢もあります。

 

 転職に有利になるスキルや資格を習得したり、企業研究や応募書類の作成に十分に時間をかけられたり、即入社が可能なことが、プラスに作用することも多いです。

 

 ですが、退職日から面接日までの期間があくと、履歴書や職務経歴書のブランクが長くなり、企業の心証が悪くなります。不採用が続くと、メンタルのセルフコントロールも難しくなるので、短期集中で転職活動をすることをおすすめします。

 

 

 

【関連記事】


ホーム RSS購読 サイトマップ