自分の市場価値を知る

自分の市場価値を知る

個人差が大きい市場価値

 

 35歳は、転職市場の中で、将来の管理職候補としても、人気が高い年齢の一つです。ですが一方で、キャリアの積み方や転職回数によって、市場価値の高低が如実になる年齢でもあります。

 

 勤続年数が長い、大手企業でプロジェクトリーダーの経験がある、同じ業界や職種でキャリアを積み、スキルとノウハウを蓄積している35歳は、転職市場で引く手あまたです。

 

 ですが、短期間で何度も転職を繰り返していたり、特筆する専門性がない35歳の場合、企業に敬遠される傾向が強まります。だからこそ、自分の市場価値を把握したうえで、転職計画をたてなければならないのです。

 

市場価値を知る方法

 

 自分個人の市場価値を知るためには、外部の客観的な評価を受ける必要があります。転職サイトを活用しているなら、スカウト機能を利用して、自分にオファーが何件あるかで、自分に市場価値をはかってみましょう。

 

 キャリアやスキルに問題がなくても、レジュメの書き方が不親切だと、オファーの数は激減します。プレゼンテーションスキルも、35歳の売りの一つですので、レジュメに定期的に手を入れ、自分の価値をはかりましょう。また、転職エージェントのキャリアコンサルタントに、自分の市場価値を聞いてみるのもおすすめです。

 

 

 

【関連記事】


ホーム RSS購読 サイトマップ