転職の波をうまくつかみ取れ!

転職の波をうまくつかみ取れ!

転職の波をうまくつかみ取れ!

 

 

 中途採用担当者の興味を引くのは、今持っている能力がどれだけ当社の為になるか、その能力をどれだけ使い切れるか、バイタリティはあるか、健康か・・等の着眼点から書類選考しますが、何といっても最初に目が行くのは年齢です。

 

 身に付けているスキルや経験が人並みであれば良しとするのであれば40代でもいいかもしれません。

 

 勿論40代の転職でも不可能ではありませんが、中途採用の場合の多くは、年齢以上のスキルを求めています。30代で40代のスキルを、といった具合にです。そういった意味から中途採用担当者の注目する対象は、まずは30代にあるのです。

 

 

反省から学んでいく姿勢が大切

 

 30代が転職市場においてもてはやされているといっても、30代であれば誰でもいいということではありません。30代が転職市場で真の強みを発揮するのは、40代並みの実務経験や高いスキルが備わっていることが条件です。

 

 ビジネスでの辛酸と妙味を知っている30代が強いのです。とはいってもそうした30代にインスタントでなれるわけではありません。所謂20代での下積み生活が必要です。だからと言って過去を嘆き、後悔する必要はありません。

 

 たとえ掴んだものが“反省”の二文字でも、反省する気持ちそのものが大切です。それを糧にしてこれから先を描くことが更に重要なのです。まさに『後悔は新たな航海の始まり』となることが肝心なのです。

 

30代なりの転職術

 

 30代になり、これまでの社会人としての経験がたとえどんなものであれ、10年近く、或いはそれ以上の時間を使ってきたビジネスマン人生には必ずなんらかの価値はあります。

 

 将来、自分がどんな仕事をしたいのかの確信し、反省の山から得た多くの教訓等々、たくさんのものを手にしている自分自身に気付きませんか。こうした自分から発せられる熱意ある言葉は必ずや面接官の心を動かし転職成功への道を突き進むことでしょう。

 

 しかしその熱意を適材適所で活かす方法を知らないとせっかくの経験も宝の持ち腐れになりかねません。そのためには自分自身の適正と潜在能力を客観的に把握することも重要です。
 30代は転職の好機です。とはいってもなにがなんでも30代の転職を推奨しているわけではありません。一生同じ会社で生きるか、違う場所で地を耕し花を咲かせたいと思うかどうかは、人それぞれです。

 

 しかし現実問題、いつ会社が倒して転職しなければならない事態がおきてもおかしくない時代に突入しています。

 

 そんなとき意欲、自己革新、野望、夢、信念、開拓精神等々を端的に表す転職という選択肢が、あなたに一つ上の自信と柔軟性を宿し、転職先の採用担当者の胸に響くこともあります。その為には「なんとなく」ではなく、自分に合った転職の波をうまく摘み取ることが前提です。


ホーム RSS購読 サイトマップ